カテゴリー
仕事とはなんぞや 指南もどき

Are We Ourselves / The Fixx

Plugin Allianceさんからメールが届いてましたな
ギターアンプヘッドのプラグインが新しく登場!

SuhrさんのPT100のエミュレーションでしたな

音の方はピーターソーン先輩のシグネチャーアンプということで、ミッドの情報量が多めでした

あ、でも似た感じのアンプを、と思ってDiezel HerbertFriedman BE100と比べてみたら全然違ってたス💦

Herbertはシングル、ハム共にコンプ入ってる?みたいに「ぺきぺき」したアタックが出るので、横着して複数のトラックの収録に使い続けると、混ぜる時に難しくなりますな

BE100は朗々と鳴るので、量感、迫力は一気に稼げるんスけど、ゴワゴワしちゃって音程が見えにくくなることもよくありますな
抜け良くフレーズを聴かせたい時には不向きになるケースも多々あるんじゃないかな

PT100は3つのアンプの中では一番滑らかで、歌もののオブリやバッキングに使いやすい印象でした👍

プラグインのアンプ全般なんスけど、ゲインの効きってこんなもんなんやろか?
つまみを回すとすぐに過激に歪みだしません?

だもんでアンプはクリーンめの感じで保ちつつ
前段にオーバードライブやディストーションなんかを追加して、歪み量はそっちで微調整した方が、曲によっては良い気もしてるス

あ、そうそう、StudioOneを5.4にアップデートしたス
出音すっきりしてない?そんなことないか
なんか印象が良くなったス👍



おお!Cherry Audioさんからなんか出た!
ジュピター4のエミュレーション!!!
木星じゃなくて水星なんやね

ちょっと前から何が出るか予想大会になってましたやん?
世の中のシンセの流れ的には、ライトな感じ?MKS-80とかじゃないかな?ってことで、僕はジュピ6が出ると予想してたのでミス・ブランニュー・デーを練習してたスよ😁

Mercury-4はスペースエコーのタイムを触った時の「うにょり具合」が自然で良いスね!



おお!BOSSさんから新しいギターシンセが!
SY-200
すごいな、こんなに自然に弾けるんや!

あれ?思ったよりも安い、、、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です