カテゴリー
仕事とはなんぞや 指南もどき

The Alarm / Marching On

新型iPad Airが出るんや?!


iPadのラインナップってなんか多くない?今4つもあるんや?

ProがTYPE C接続、11inch(473g)と12.9inch(643g)の2種展開、最新のペンが使える、顔認証(マスクつけててもいけるんかな?)

miniが7.9inch 308g、ライトニング接続、指紋認証が丸いホームボタンと共用

無印が最廉価版 10.2inch 495g、ライトニング接続、指紋認証が丸いホームボタンと共用

で、新しくなったairは5色展開、460g、プロセッサがA14 Bionic(初登場、初搭載)10.9inch、TYPE C接続、指紋認証が電源ボタン共用

今までの指紋認証って苦行やったやないですか?
あれがやりやすくなったなら楽しいかも

はよMacOSと統合してほしいス


Plugin Allianceさんから出てる新しいEQ Bettermaker EQ232D
使ってみました!

最近お気にのAMEK EQ200と、同じトラックでかけ比べしてみたんスけど、、、、
AMEK EQ200は、若干デフォルメされるけど、ひとことで言うとハイがスカッと伸びてくれるEQって印象を持ってたんですが、
なんとBettermakerの方が結果レンジが拡がってるという不思議体験!
似た感じやと、、、ほら?
サンプラーにサンプリングして出てきた音って、歪んでて音やせしてて、結果ミッドカットされてたじゃないですか?
なんとなくあの感じを思いだしました

簡単にむっちむちのかっこいいローが作れて、これは楽しい

当然のようにMS処理できましたし、パルテック系な顔してQ幅を変えられるので、
ソロにしてEQをかけるのが好きな方でも、
ソロでざっくり音を作った後で、トラックを混ぜて、Q幅を調整してトラックを完成させる!ってのが可能ス

その場合でも全く変な音にならないので、使ってて気分が良かったです

AAX DSP非対応ってのが唯一残念に感じたポイントでした

現場からのファーストインプレッションは以上ス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です