カテゴリー
生きるとはなんぞや

NIGHT OF SUMMERSIDE / 池田政典

今日も留守宅の玄関先で鳥たちが大宴会をしてたっぽくて、蟹の甲羅とよくわからない灰色の動物の毛束、20cmくらいある乾燥しきった爬虫類の干物なんかが残されてたス

僕への貢物に見えんこともないし、呪いのなんとかに見えんこともないス

えぇ、、、言いながらおうちに入り、流し台の引き出しを開けたら大き目のムカデが「しゃー」的に出てきて、呼吸が止まりそうになったス
ムカデとの遭遇も、年内ラストだったならいいなぁって毎回思うんス



見てまう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です