カテゴリー
仕事とはなんぞや 指南もどき

Don’t Move / METAFIVE

やべー、、、待ち時間ができたので
どうしてもProtools2020.11をインストールしたくなる病が発症ス😨

言い訳でもないんスけど、全くの無策ではないんス
事前にっていうか、ここ最近は頻繁にAVIDさんのフォーラムを読みまくる日々🧐
書き込みによると2020.9のようにボイス数が半分になってしまう的な、不具合らしい不具合も見当たらないし、
実際目新しい機能もたった2つ、しかも1つは暗い画面が選べるようになったという、もう見た目だけの改定やし、もうひとつもプルダウンでメロダインエッセンシャルが起動して入力された波形からMIDIノートを出力するという、近い機能は前々からついてましたっていうかできてましたやんね、
∴音質や挙動がけったいなことになるようなアップデートは含まれてない!と判断

、、、いや、待てよ、

アップデートの中には2020.9も包括されてるってことやから、ableton linkも含まれちゃってるってことで、、、

実際のところ挙動どうなん?

てな感じで長めの言い訳を書き残すくらいには、ただでさえ知識のないWin機、不都合が発生したらストレージの初期化くらいしかできないんスよ

そんなお仕事マシンが一瞬たりとも変なことになっちゃうのは嫌!嫌々👹

Mac、Win関係なく毎度アップデートは緊張しますな、緊張するんスよ

まずは人柱として、予備機に成り下がっちゃったMacProにインストールしてみました

うぉぉぉぉん!一発起動してくれたス👺

デフォルトがダークモードなんや!?

挙動も特に問題ないので、Win機にインストールしてまう、、、
インストールできるんかな?

2020.9の時のように
「古いProtoolsがインストールされています、完全にアンインストールしていないとProtoolsはインストールできません」
的なアラートが出て、インストーラーが弾かれてしまう?

気にせずやってみたス

↑5分くらいこの画面のままやったス、ヤバい?


否!

Win機にProtools Ultimate 2020.11インストール成功!

昨晩合格をいただいたマスタリングセッションも、難なく立ち上がりましたー!

Win版でもデフォルトがダークモードなんスね


若干音が平坦に聴こえるんスけど、オーディオインターフェイスのドライバーのVersionも上がっちゃったから、違和感もしゃーなしスね


新機能AUDIO TO MIDIは、オーディオクリップの上で右クリックするとあったス

クリックすると、うちの環境だとこんなアラートが出たス

この機能を実行するにはMelodyne5/1以降をインストールする必要があります。

うちのマシンにはメロダインVer.4がインストールされちゃってるからやと思うス


メロダイン自体は立ち上がってくれるので、
Ver.4でも問題なくAUDIO TO MIDIできるス

CZ Vさんを立ち上げて、ボーカルからヒップホップなベースラインを作成するのも、ピコピコにするのも余裕ス

歌と一緒に流すと、ジョージベンソン師匠みたいになるス😍


なるほど、DSPトラックとNativeトラックを切り替える「イナズマボタン」は、AVID CARBON由来やから、カーボンを持ってない人には表示されないんや、、、とか

ableton linkは?どこにあるんやろ?

とかはすっとばすと、
ひとつも不都合が見つからなかったので、逆にふがいなさを感じるんスけど、現場からのファーストインプレッションは以上になるス



お!ベリンガーさんのMIDI鍵盤、Swingって言うんや?!
シャッフルもできそうな自走っぽいアルペジエータとシーケンサがついてると思ったら、ちゃんとCV OUTがついてる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です